FC2ブログ
何でもいいや
頑張って更新していく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
カオスヘッドクリア
久々に更新 こっちの方が日記データを管理しやすい。
アニメ見てゲームやってファンディスクやって、これで終わり。
カオスヘッドをらぶChuChuまでクリアしたので感想を書く
とても長いです。



本編も今年に入ってから終わった。

とりあえず結論。面白かった。


シュタインズゲートと比べるのは酷だが、同じ想定科学アドベンチャーとして
非常に興味深いものでした。
主人公の西條拓巳の気持ち悪さが異常。何故か今では可愛く思えるがw
では先に『Chaos HEAd NOAH』の感想。


ひきこもりでキモオタの西條拓巳は渋谷でコンテナウスに住み、
ネットゲームでは勇者として日夜活躍しながら
必要最低限の出席日数を計算したスケジュール表を元に高校に通っている。
拓巳の趣味の一つは『妄想』。その妄想力たるや、アニメのキャラクターのフィギュアに話しかけ、脳内で会話するほどのパワーである。
渋谷で「ニュージェネ事件」と呼ばれる猟奇殺人事件が起き始め、
その殺人現場を偶然拓巳は目撃してしまう事で、
事件の裏に隠された大きな陰謀に巻き込まれていくのであった。


っていう感じのお話。アクが強くて、人に勧めにくい。
簡単に言うと2ちゃんねる的なネタのような用語がいっぱい。
ある意味携帯小説のようだと言えるのかも知れないが、
主人公のキャラクターとマッチしてるんだし、面白い試み。

特殊な剣『ディソード』を手にする6人の少女達がヒロインなのだが、
出番とか展開の関係上、まともにディソード使えるのは4人です。
つまりそこは本筋ではない。
個人的にカオスヘッドに興味を持った理由がディソードがカッコよかったからなのだが、本筋ではないのなら仕方が無い。本筋に目を向けようではないか。


そろそろ内容解説はやめにして、誰が好き?っていう分かりやすい話。
恋愛ネタの話云々は一般的だが、趣味は好き嫌いがあるから・・・って
話を以前ちょいと書いたが、結局は何が好きなのかって話なんだから、
人と相容れないこといっぱいあるだろうにねー。
オタは人と話す事で嫌われるのが怖くて、あまり話しできない。

個人的なカオスヘッドヒロインベスト3は

デンパ と 妹 と 誰か

3人目思いつかなかった。
こずぴーの危なっかしさはガチで危険。
基本的にこのゲームのヒロインは頭おかしいです。
ディソードを持つ者の条件が「大きな精神的負荷を受ける」となっていて、
だいたい精神的に病んでいます。

その中で非常にまともな部類に属するのが中二病と妹。
かなりおかしい部類に属するのがデンパとこずぴー。

デンパさんの話。
この人は愛読書グラジオール戦記とかいう世界に没頭しておりまして、
世の中の事象を「邪心王グラジオールの目覚めが・・・」とか言ってしまう
かなり痛い部類に入る人間。ピカイチの痛さ。だがそこがいい。
しかしその電波は物事の核心をわりと掴んでいて、電波だけど凄い人。
ゴシックパンクバンドのボーカルを務めるのだが、
果たしてバンドメンバーと意思疎通がマトモにとれているのか謎。

そして妹さんの話。
主人公の妹で変人だらけ(主人公含め)のカオスヘッドキャラで
かなりマトモな部類に入る常識人。
ではあるのだが多少ウザい。
とはいえ兄の事を大事にしているようで、
主人公の拓巳もウザく思って冷たく接しながらも、
割と大事な存在だと思っているようで、兄妹萌えも多少可能。



で、ストーリーの大筋は
引きこもり主人公が成長する話だとでも思ってくれればOK

ただしXbox版はシステム的に難があり、ディスク読み込み時間を
考慮しても反応が遅いんじゃないかと思う点や、
周回プレイのためのセーブポイントが面倒な所にあるせいで、
全部やるのに無駄な時間がかかる。
良くも悪くもシュタインズゲートの前作品といえよう。




そしてChaos HEAd らぶChuChu

え?あの頭おかしいヒロインが?ラブコメできるんですか?
という事に興味津々で購入してやってみた。

時系列的には本編終了後、数週間以内って所だろうか。
カオスヘッド本編で出した答え。それは本当に良かったのだろうか?
いつの間にか季節は変わった夏の渋谷を舞台に、
脱オタしてリア充を目指す拓巳であった。

ファンディスク的な位置づけで、
ヒロイン達と仲良く過ごす毒にも薬にもならないオマケだと思っていたが、
割と中核のストーリーは前作からも微妙に繋がりがあるもので、
非常に興味深いというか、俺の中ではらぶchuchuまでやることで、
はじめてカオスヘッドがクリアしたという事になる。
ガンダムWはエンドレスワルツまで見ましょうねって事だ。

そしてヒロインBEST3

科学中二病 蒼井セナ
オカルト電波 岸本あやせ
常識人?  西條七海

メインヒロインのビシィさんはまたしても落選。だって微妙だもの。


蒼井セナ テメェは誰だ!w
ツンしかなかったツンデレがついにデレを見せてきた。
ツンっていうか張り詰めてる感じで、無理してるっぽい奴だったし、
デレがあるのも充分納得はできるが、それでも何してんだコイツw
西條さんの変態行為、へそチュッチュと髪の毛くんかを受ける事に。
一番頭がいい(たぶん)キャラで、世界観の中核部分に関して
科学的なうんちくで説明をしてくれる大事な役どころ。
しかし表現が微妙に中二病っぽいと拓巳からは指摘される事になる。
後にシュタゲのクリスティーナと知り合ったのか知り合っていないのか、
その辺はプレイヤーの妄想力次第であろう。


岸本あやせ 甘き死=チョコレートの意
本編の個別ルートでは割といい感じの終わり方をしたあやせさん。
素直クール、不意打ち笑顔、エロい、歌 と4つも人気の要素を持つ。
電波なのがキズ。
らぶchuchuでもその魅力は変わらず、直感的なオカルト解釈で問題を解決。
あやせに関する謎もいくつか解けたし、いいものだった。
本編の個別ルートをクリアした事がこのルートをやる条件です。
やらなくても出来るけど、個別ルートには入ってない事になっているので、
あやせが時折言う言葉に「?」となると思うので、
ぜひ個別ルートを楽しんだ後にどうぞ。


西條七海 僕の妹がこんなに可愛いわけが・・・
らぶchuchu発売当時に『俺妹』はあったのだろうか?目をつけるのが速い。
常識人というより、最もヒロイン中でパンピーだったが故に
本編ではちょっとしたあうあうあーな目にあった彼女。
何だかんだで兄が好きで他ヒロインに嫉妬したりしてた。
パンピーで常識人であったはずなのだが、らぶchuchuではしっかりと
兄とらぶらぶchuchuらららchuchuな感じにw
もはや「常識人」の後ろに「?」をつけざるを得ない。
主人公拓巳と七海はちょっと特殊な兄弟なのですが、その辺は本編を。
本編個別ルートはかなりあうあうあーで後味悪いから、やらなくてもよし。
アニメしか知らないどらくるさんはゲームやる事を推奨。
七海に関するイベントアレコレがカットされてて、駄目っすよ。
拓巳も好きになれるし。


カオスヘッドは面白かったです。シュタゲほどじゃないけど。
エロゲーじゃないと逆にエロいよね。キスとか。
前も書いたけどカオスヘッドは「赤色」がとても良いです。
アヘ顔CGとかゾッとくるし。
CLANNADの智代ルートはもう見てられないってレベルだったw


追記
けっきょく人を選ぶゲームだとは思う。雑な部分もあるし。
俺も最初から素直に楽しめたわけではないので。
らぶChuChuの方はヒロイン毎にルートはあれど、殆ど本筋は一緒で、
どのヒロインがメインかという違いしかないので、全部回るとだれる。
スポンサーサイト
【2011/03/31 06:55】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<『ダブルブリット』感想 | ホーム | 将国のアルタイル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://suuyuu.blog67.fc2.com/tb.php/512-2b3ef392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
FC2カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

プロフィール

スウユウ

Author:スウユウ
裏ダンジョンだと思ってたら本編だった件について

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。